億万長者からのアドバイス、NISAの方針変更しました

当サイトのリンクには広告が含まれている場合もございます。

ゴールデンウィークが終わって、いつもの日常が戻ってまいりました。いかがお過ごしですか?

今回、2週間ほどゆっくり休むことができたので、散らかっていたキッチンやデスク周りを片付けたり、散歩に行ったり、昼寝したり、海外ドラマを一気見したり、家計簿をまとめたり、これからのことをじっくり考えてみたり…

こうやって書き出すと、全ていつでも出来ることばかりなのですが、時間を気にせずに「今日は何やろうかな?」と朝のコーヒーを飲みながら思えることが、なんて贅沢なのだろうと思いました。

そんな中で、久しぶりにJohn(私に投資を教えてくれた人)と話したので、そのことについて綴りたいと思います。

John

やぁ、久しぶりだね

目次

億万長者のJohn

Johnとの出会いや人柄はこちらの記事をご覧ください↓

偶然の出会いから7年くらい、今だに仲良くしてくれていて不思議です。そして、最初に会った時はミリオンに届くかどうかだったと推定される資産は、今やマルチミリオンへ(昨年、証券口座を見せてくれました)。

日本でいうところの超富裕層に入るJohnですが、相変わらず生活は質素で、街を歩いていても絶対にミリオネアには見えません笑

John

でもね、友達の中では、一番資産が少ないよ

バード

ひゃー

遊びに行った時に、友人のライリーにも会いましたが、こちらもシャイで、三人でいると私が一番しゃべっています。うんうんとじっくり話を聞いてくれる、ジェントルマンなのです。

億万長者からのサプライズ

今回、連絡しようと思った発端は、昨年Johnが東京へ遊びに来た時にもらった「スターバックスカード」。

「バード、よかったら休憩の時にでも使ってね」と帰り際に、さらっと渡してくれました。「わぁ、ありがとう!美味しくいただくね」と言って、ハグして別れました。

そのカードを机にしまいっぱなしにしていたことを思い出し、開けてみたら、なんと3万円分もチャージされていました。

「John、こんなに入れてくれてたなんて、言ってよ」と言うと、海の向こうで残り物のチキンを温めていたJohnは「いやいや、スターバックスからの配当の一部だから大丈夫だよ。僕がいくらもらってるか知ってるでしょ?」と笑っていました。

バード

ドケチなんて言ってごめん笑

NISAの方針について、相談してみた

私からのいきなり電話にも驚かず、「チキン温めてたけど、ホイル被せるから、ちょっと待ってね」と相変わらずいい人でした。

最近、ずっと昔から欲しかったマッキントッシュのアンプを100万円くらいで購入して(もちろん配当金と売却益を使って)音楽を聴くのが本当に楽しいといった話から、円安の話(安い時にSuicaにチャージして、日本に来た時の支払いに使う)、テスラ株の乱高下に乗ってトレードした話など、相変わらずのJohnで笑えました。

投資の話になったので、NISAの方針について聞いてみたところ

・僕だったら、一括で枠を埋めにいく
・1800万円くらいなら、複利を効かせることが大事だから、10〜20年は絶対に触らない
・資産形成期には、NISA枠からの配当は必要ない

要は、1800万円分、勝手に再投資してくれるマネーマシンを作るのが良いのではという意見でした。

バード

説得力あり

今後の方針

こちらの記事を書いた時は、こんな内訳で行こうと思っていました。

銘柄投資元本
NISAつみたて投資枠eMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)600万円
成長投資枠VYM1,200万円
合計1,800万円

なぜJohnに聞いたかというと、なんだかしっくりこない感じがしていたからです。

具体的には、

・現在、配当金を必要としていないのに、NISA枠から配当を出す必要があるか?
・成長投資枠で購入しようと思っているVYMの配当利回りが3%を切っていて、購入しづらい
・全世界株式とS&P500の相関係数が0.96なので、つみたて投資枠全てを全世界株式で埋めるのは適切か?という疑問
※iDecoの方を100%eMAXIS Slim S&P500で運用中

ということをJohnに相談してみたところ

2000年代〜数銘柄への集中投資でミリオネアになっただけのことはあって、危険な香りのする個別銘柄をいくつか教えてくれました笑

「えー、参考にならないよ!Johnみたいに投資上手な人じゃなくて、今から投資を始める甥っ子たちにオススメするとしたらどうする?」と質問してみたところ

「Nasdaq100に連動するETFか投資信託一択だね。まぁ、自分は個別株の方が好きだからやらないけど」という答えでした。

現役の間は、資産を増やすことへ集中し、取り崩す時期が来た時に配当が欲しければ高配当株へ持ち変えるのが良いのではと言っていました。

バード

見た目とは違い、基本的に攻めの姿勢

まとめ

というわけで、スタバカードのお礼がNISAの方針転換へと飛躍したのでした。

Nasdaq100に連動する投資信託を調べて、積み立てを始めようと思います。

「Johnは1800万円くらいって言うけどさ、それが遠いのよ」と言うと、「わかるわかる。僕だってゼロから積み上げていったからね」と言いました。

そして、ミリタリーを退職する前にやっていたカレンダーエックスを教えてくれました。

「退職前、本当にキツくて、退職日の539日前から、仕事から帰ってきたらカレンダーの日付に×をつけてたんだ。×××…とチェーンになるでしょ?

バードも1800個のマスを作って、100ドル購入する度に×をつけていくのはどう?」と言われました。

John

ある日、本当に限界だと思ったんだ

地味だけどチェーンが繋がっていくのを見るのがモチベーションになったそうです。

バード

本当に地味。でも、Johnらしい

でも何がありがたいって、気楽に連絡を取って、おしゃべりできる友達がいることです。

この週末も時間があるので、じっくり考えてみようと思います。

よい週末を♪

応援クリックいただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
目次